お手頃価格で場所も取らない一人暮らしにおすすめの調理家電は?

一人暮らしの食生活を支える、調理家電を紹介します

炊いたご飯は冷凍できる!

一人暮らしに合った炊飯器

種類も多く備わっている機能も多様ですが、一人暮らしの生活にあたって本当に必要なのかどうかを確認していきましょう。
炊飯器のサイズや、どの程度自炊をするかが決め手のポイントです。
小さいサイズだと1合(女性用茶碗2杯)炊きの物もありますが、一人暮らし向けとしては3合炊きの物が妥当です。
炊飯器にも種類があり、
炊きムラが発生しにくく、ご飯がふっくらと炊きあがる『IH炊飯器』。
多く使われている種類でもありますが、消費電力が多い事が難点でもあります。
造りがシンプルな為手入れがしやすく、値段も手頃な『マイコン式炊飯器』。
値段が1万円未満の物がほとんどでリーズナブルですが、3合以上を炊くと炊きムラが発生し易い面もあります。
甘みともちもち感のあるご飯を炊く事ができ、またケーキなども作れる『圧力IH炊飯器』。
とても多様な使い方ができますがそれに見合った価格となっていて、1万円台の物がほとんどになっています。

参考商品

『アイリスオーヤマIH炊飯器 3合 RC-IA31』
ご飯を炊き上げた後に分離して使う事ができます。
上段はおひつに、下段はIH調理器として使う事が出来、揚げ物調理にも使う事が出来ます。
炊き方も、無洗米におかゆ、炊き込みご飯や玄米コースなど多様です。
価格はおよそ1万5千円程度になっています。

『タイガー魔法瓶マイコン炊飯器 3合 JAJ-A552』
炊飯の蒸気を利用して、同時におかずが作れる炊飯器です。
炊飯器レシピを掲載しているクッキングブックも付いているので、使い方がわからないという事もありません。
価格もおよそ1万円未満で手頃になっています。

『アイリスオーヤマ圧力IH式炊飯器 3合 RC-PA30』
冷めた後のご飯も固くなりにくく、もちもちとした触感を保つことが出来ます。
価格は1万円台にはなりますが、食物繊維を増やす炊き方も付き健康面のサポートも充実しています。


この記事をシェアする